修理事例

裏蓋シースルーへの変更

改良前の状態

pateck1

『中の機械が見えるようにしたい』と言うお客様からのご要望により、シースルータイプの裏蓋を別途新しく製作し、変更しました。

精密設計

pateck1-2

現物商品から高精度な寸法計測を行い、抽出値から設計者がCAD図面を製作します。
CAD化された図面を元に高精度な加工技術で裏蓋を製作するため、防水性能もしっかりとクリアします。

加工後の状態

pateck1-3

裏蓋シースルーの新規製作、外装類の仕上げを施し、新品のような輝きを取り戻しました。

裏蓋シースルーの制作費

裏蓋素材がステンレススチール、ミネラルガラスの場合 ¥37,000 ~ ¥51,000(税別)
※メッキを掛ける場合、サファイヤガラスを使用の場合、その代金は別途加算されます。
※上記作業費に分解洗浄費用は含まれておりません。

関連記事

PICK UP

  1. 改良前の状態『中の機械が見えるようにしたい』と言うお客様からのご要望により、シースルータ...
  2. 今回の事例紹介では、「Patek Philippe」「WALTHAM」「MOERIS」「MOVADO...
  3. 破損した状態汗など様々な外的要因により破損した皮ベルト。
  4. お客様より、ロレックス・パーペチュアルデイトジャストの定期メンテナンス及びケース・ブレスのキズとり、...
  5. VACHERON CONSTANTIN OVERSEAS CHRONOGRAPH分解洗浄と外装仕上げ...