修理事例

風防ヒビ入りオメガを修理

風防にヒビが入ってしまったオメガ シーマスター。破損したガラスの交換と分解洗浄、外装仕上げを施しました。

実施修理内容

風防(ガラス)にヒビが入ってしまったシーマスターをお預かりし、新品風防へ交換。
ケース全体にも細かな傷が目立ち、内部にもかなり汚れが付着した状態だったため、分解掃除(オーバーホール)とケース&ブレスの外装仕上げを実施しました。

omega-seamaster-2015oct-3

ご紹介した写真は全てガラス交換と分解洗浄(オーバーホール)、外装仕上げを施した状態のモノです。
細かな傷も消え、新品のように甦ったオメガ シーマスター。

omega-seamaster-2015oct-2

omega-seamaster-2015oct-1

修理費用 37,500円(税別)

※修理を終えた商品は、クッション性の高い専用の送付キット(オーバーホールされたお客様対象)に納め、修理内容を記載した書面と共にご返却いたします。
※機械式時計は定期的なメンテナンスが重要です。4~5年に一度はオーバーホールを実施しましょう!

関連記事

PICK UP

  1. ブライトリングの特別モデル『BENTLEY MOTORS』定期メンテナンスと外装仕上げ事例時計ブ...
  2. OMEGA シーマスター プラネット・オーシャン クロノグラフ コアクシャルOMEGAの...
  3. VACHERON CONSTANTIN OVERSEAS CHRONOGRAPH分解洗浄と外装仕上げ...
  4. 今回の事例紹介では、「Patek Philippe」「WALTHAM」「MOERIS」「MOVADO...
  5. 破損した状態汗など様々な外的要因により破損した皮ベルト。