修理事例

チュードルクロノタイムのゼンマイ交換

ゼンマイ不具合のチュードル プリンスデイトクロノタイム。部品交換と分解洗浄、外装仕上げを施しました。

実施修理内容

ゼンマイの持続時間が短いというチュードルをお預かり。ゼンマイ部品を新品へ交換し、問題を解決。
ケースやブレス全体にも細かな傷が目立っていたため、分解掃除(オーバーホール)と外装仕上げを実施しました。

tudor-chronotime-2015oct-2

ご紹介した写真は全てガラス交換と分解洗浄(オーバーホール)、外装仕上げを施した状態のモノです。
細かな傷も消え、新品のように甦ったチュードル プリンスデイトクロノタイム。

tudor-chronotime-2015oct-1

tudor-chronotime-2015oct-3

修理費用 40,800円(税別)

作業内訳と費用
分解掃除、ゼンマイ交換、ケース・ブレス仕上げ

※修理を終えた商品は、クッション性の高い専用の送付キット(オーバーホールされたお客様対象)に納め、修理内容を記載した書面と共にご返却いたします。
※機械式時計は定期的なメンテナンスが重要です。4~5年に一度はオーバーホールを実施しましょう!

関連記事

PICK UP

  1. 星座を意味する「Constellation・コンステレーション」1952年に発売されて以来、...
  2. OMEGA シーマスター プラネット・オーシャン クロノグラフ コアクシャルOMEGAの...
  3. 1.状態の確認お客様から届いた商品の状態を技術者が確認します。
  4. お客様より、ロレックス・パーペチュアルデイトジャストの定期メンテナンス及びケース・ブレスのキズとり、...
  5. 今回の事例紹介では、「Patek Philippe」「WALTHAM」「MOERIS」「MOVADO...