修理事例

GUCCI 101 バンド交換事例

GUCCI の 101Lシリーズ
メーカー欠品のサテンバンドをクロコ(本腹ワニ)皮バンドに交換しました。

gucci_band_1

実施修理内容

Gマークにダイヤを取り巻く GUCCI 101L ダイヤモンドシリーズ。経年劣化で傷んだバンドを交換しました。
今回、オリジナルサテンバンドのメーカー在庫が無かったため、オリジナルと同寸法で新規に皮バンドを制作いたしました。
バンドには、本腹ワニ皮を使用。色については、カラー見本よりお客様に選択いただきました。尾錠はオリジナルそのままを利用しています。
バンド製作~交換と同時に、電池交換も実施しております。今回は、裏蓋パッキンの劣化が少なかったため、グリスアップのみで対応しました。

右)オリジナル
左)新規に制作した本ワニ皮バンド

gucci_band_2

修理費用 26,000円(税別)

作業内訳と費用
本腹ワニ皮バンドの制作:¥24,000 +電池交換とグリスアップ:¥2,000

※機械式時計は定期的なメンテナンスが重要です。4~5年に一度はオーバーホールを実施しましょう!

関連記事

PICK UP

  1. ブライトリングの特別モデル『BENTLEY MOTORS』定期メンテナンスと外装仕上げ事例時計ブ...
  2. エルメスの人気シリーズ「クリッパー」レディスモデルの修理事例をご紹介実施修理内容エルメスのク...
  3. 1.状態の確認お客様から届いた商品の状態を技術者が確認します。
  4. 星座を意味する「Constellation・コンステレーション」1952年に発売されて以来、...
  5. ROLEXのオイスターパーぺチュアル レディスモデル分解洗浄(オーバーホール)事例ROL...