修理事例

ジャガールクルト 分解洗浄事例

ジャガールクルト マスターコントロール 分解洗浄事例

jl_2013aug-1

Jaeger Lecoultre マスターコントロール SS シルバー文字盤 自動巻きの分解洗浄(オーバーホール)の事例をご紹介します。

ご依頼内容

お客様からのご相談「時間が狂うようになり、リューズが重くなってきた」

実施修理内容

分解洗浄(オーバーホール)

修理費用 29,000円(税別)

作業内訳と費用  分解洗浄(オーバーホール):¥29,000

※掲載写真は、外装仕上げを施した後の傷防止のため、保護テープを貼った状態のまま撮影しております。
修理を終えた商品は、クッション性の高い専用の送付キット(オーバーホールされたお客様対象)に納め、修理内容を記載した書面と共にご返却いたします。

関連記事

PICK UP

  1. お客様より、ロレックス・パーペチュアルデイトジャストの定期メンテナンス及びケース・ブレスのキズとり、...
  2. 星座を意味する「Constellation・コンステレーション」1952年に発売されて以来、...
  3. ブライトリングの特別モデル『BENTLEY MOTORS』定期メンテナンスと外装仕上げ事例時計ブ...
  4. OMEGA シーマスター プラネット・オーシャン クロノグラフ コアクシャルOMEGAの...
  5. ROLEXのオイスターパーぺチュアル レディスモデル分解洗浄(オーバーホール)事例ROL...