修理事例

PATEK PHILIPPE 修理事例紹介

PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ)社のアニュアルカレンダー、Cal. 324 S QA LU 24H/303の分解掃除(オーバーホール)とケースブレスの仕上げをご紹介します。

修理内容

経年使用による内部オイルの減少と振り角の低下が見られたため、分解掃除(オーバーホール)を実施しました。また、ケースには打痕や傷がありましたので、外装研磨を行い、美しい状態に仕上げました。

Cal. 324 S QA LU 24H/303は、ベースムーブメントCal.324にアニュアルカレンダーモジュールが搭載されている複雑な構造です。このモジュールは約15個の歯車と6個のフィンガーで駆動し、それぞれの部品が正確に組み合わさることで、正確なカレンダー表示を実現します。

分解掃除と組み立てのポイント

パテックフィリップのカレンダー機構は、24時に日付および曜日を送る際、独特の動作をします。日付ディスクが規制スプリング(デイトジャンパー)から外れ、スムーズに動く構造が特徴です。このため、各部品に抵抗がないように設計されており、オーバーホールの際は一つ一つの部品が正確に組み込まれているか、部品に不良がないかを慎重に確認します。

駆動する部品はもちろん、その部品が入るポスト、底面、スプリング類の接触面も丁寧に仕上げられています。細かな部品の面取りも行われており、パテックフィリップの品質に対する拘りが伺えます。

左)月の大小を判別するロッキングアーム内蔵の日送り車、右)デイ(曜日)ディスクジャンパー


左)デイト(日付)ディスクジャンパー、右)分解した様子

ケースブレスの仕上げ

外装の仕上げは、オリジナルの美しい曲線を損なわないように慎重に行われます。傷を消すだけでなく、形状やエッジを保持するために、熟練した時計研磨師(ポリッシャー)が丁寧に磨きをかけます。

分解掃除およびケース研磨後、時計は防水検査を経て、アニュアルカレンダーの動作に異常がないか入念にランニングテストを行います。全ての検査をクリアした後、お客様のもとへと納品されます。

高級時計修理や輸入時計修理の専門技術を活かし、PATEK PHILIPPEの時計を最高の状態に復元することができました。腕時計修理のご依頼は、ぜひ当社にお任せください。

加工費用 71,000円(税別)

作業内容
分解洗浄(オーバーホール) + 外装研磨

※修理を終えた商品は、クッション性の高い専用の送付キット(オーバーホールされたお客様対象)に納め、修理内容を記載した書面と共にご返却いたします。
※機械式時計は定期的なメンテナンスが重要です。4~5年に一度はオーバーホールを実施しましょう!

無料見積キットのお申込みはこちら

関連記事

PICK UP

  1. 星座を意味する「Constellation・コンステレーション」1952年に発売されて以来、...
  2. 破損した状態汗など様々な外的要因により破損した皮ベルト。
  3. エルメスの人気シリーズ「クリッパー」レディスモデルの修理事例をご紹介実施修理内容エルメスのク...
  4. お客様より、ロレックス・パーペチュアルデイトジャストの定期メンテナンス及びケース・ブレスのキズとり、...
  5. ROLEXオイスターパーぺチュアル SSケース&ホワイトダイアルモデル分解洗浄と外装仕上...