修理事例

裏蓋シースルー変更事例特集

今回の事例紹介では、「Patek Philippe」「WALTHAM」「MOERIS」「MOVADO」と、4種類のアンティークウォッチを裏蓋シースルーバック変更へした事例をご紹介しています。

caseback_1

caseback_2

ネクストステージのシースルーバックカスタマイズでは、お客様からお預かりした現品から高精度な寸法計測を行った後、抽出値を元に時計専門の設計者がCAD図面製作を行います。
完成したCAD図面を元に、腕時計加工の専門事業者にて高精度な成形を実施。お客様の時計に合った裏蓋を、一点毎に丁寧に製作いたします。

pateck1-2

 

裏蓋シースルー事例 1

手巻き式Patek Philippeのアンティーク時計の裏蓋をシースルーへと変更し、外装にメッキを仕上げを施しました。

ブランド:Patek Philippe (パテックフィリップ)
修理内容:裏蓋シースルーへの変更+メッキ仕上げ
修理金額:¥44,000(税別)

caseback_12

caseback_6

 

裏蓋シースルー事例 2

手巻き式WALTHAMのアンティーク時計の裏蓋をシースルーへと変更し、外装にメッキを仕上げを施しました。

ブランド:WALTHAM (ウォルサム)
修理内容:裏蓋シースルーへの変更+メッキ仕上げ
修理金額:¥44,000(税別)

caseback_10

caseback_13

 

裏蓋シースルー事例 3

御爺様、お父様と代々受け継がれてきた大切な腕時計を持参されたお客様。
そんな大切なアンティーク「MOERIS」を裏蓋シースルーへと変更し、同時に分解洗浄(オーバーホール)とメッキ仕上げを施しました。

ブランド:MOERIS (モーリス)
修理内容:分解掃除(オーバーホール)、裏蓋シースルーへの変更(サファイヤガラス使用)+メッキ仕上げ
修理金額:¥62,000(税抜き)
ご依頼方法:持ち込み

caseback_14

caseback_4

 

裏蓋シースルー事例 4

事例3でご紹介した「MOERIS」同様、こちらも御爺様からお父様、ご自身へと代々受け継がれてきた腕時計。
アンティーク「MOVADO」を裏蓋シースルーへと変更。同時に分解洗浄(オーバーホール)を施しました。

ブランド:MOVADO (モバード)
修理内容:分解掃除(オーバーホール)、裏蓋シースルーへの変更
修理金額:¥61,000(税別)
ご依頼方法:持ち込み

caseback_3

caseback_8

裏蓋シースルーに関する費用の目安

裏蓋素材がステンレススチール、ミネラルガラスの場合 ¥35,000 ~ ¥45,000(税別)
※メッキを掛ける場合、サファイヤガラスを使用の場合、その代金は別途加算されます。
※上記作業費に分解洗浄費用は含まれておりません。

関連記事

PICK UP

  1. 星座を意味する「Constellation・コンステレーション」1952年に発売されて以来、...
  2. エルメスの人気シリーズ「クリッパー」レディスモデルの修理事例をご紹介実施修理内容エルメスのク...
  3. OMEGA シーマスター プラネット・オーシャン クロノグラフ コアクシャルOMEGAの...
  4. 1.状態の確認お客様から届いた商品の状態を技術者が確認します。
  5. インデックスに大きなダイアを配した高級ロレックス。