修理事例

高級輸入時計ブレス修理事例

高級輸入時計の破損したメタルブレスの現品確認を行い、必要なコマの図面を起こして、同素材にて切削加工し、新規コマを作製致しました。

加工前の状態

固定コマの多くは、カシメピンと呼ばれる圧入方式のピンで固定されていますが、経年劣化やサビなどによる緩みが原因でピンが抜け落ちることがあります。今回、ピンにも劣化が見られたため、コマ部品と共に新しいピンも作製しました。新たに用意した部品は、オリジナルの見た目と違和感がないように同じ仕上げを施しています。

加工後の状態

加工費用 25,000円(税別)

作業内容
ステンレススチール製ブレスレットのコマおよびピンの新規作成

※ 構造、形状、素材によって作製費用は異なります。また、作製が困難な形状はお承り出来ない場合がございます。詳しくはお問合せフォームよりご相談ください。

※修理を終えた商品は、クッション性の高い専用の送付キット(オーバーホールされたお客様対象)に納め、修理内容を記載した書面と共にご返却いたします。
※機械式時計は定期的なメンテナンスが重要です。4~5年に一度はオーバーホールを実施しましょう!

無料見積キットのお申込みはこちら

関連記事

PICK UP

  1. ブライトリングの特別モデル『BENTLEY MOTORS』定期メンテナンスと外装仕上げ事例時計ブ...
  2. ROLEXのオイスターパーぺチュアル レディスモデル分解洗浄(オーバーホール)事例ROL...
  3. VACHERON CONSTANTIN OVERSEAS CHRONOGRAPH分解洗浄と外装仕上げ...
  4. 今回の事例紹介では、「Patek Philippe」「WALTHAM」「MOERIS」「MOVADO...
  5. インデックスに大きなダイアを配した高級ロレックス。