修理事例

ハミルトン裏蓋シースルー加工事例

薄さと機能美を両立した歴史的な薄型自動巻き、ビューレン社製のミニロータームーブメントを搭載したアンティーク「HAMILTON」を裏蓋シースルーへと変更。同時にオーバーホールを施しました。

加工費用 70,500円(税別)

作業内容
分解掃除(オーバーホール)*各種パッキン等交換有り
裏蓋シースルーへの変更
ご依頼方法:持込み

※修理を終えた商品は、クッション性の高い専用の送付キット(オーバーホールされたお客様対象)に納め、修理内容を記載した書面と共にご返却いたします。
※機械式時計は定期的なメンテナンスが重要です。4~5年に一度はオーバーホールを実施しましょう!

無料見積キットのお申込みはこちら

関連記事

PICK UP

  1. エルメスの人気シリーズ「クリッパー」レディスモデルの修理事例をご紹介実施修理内容エルメスのク...
  2. ブライトリングの特別モデル『BENTLEY MOTORS』定期メンテナンスと外装仕上げ事例時計ブ...
  3. OMEGA シーマスター プラネット・オーシャン クロノグラフ コアクシャルOMEGAの...
  4. ROLEXのオイスターパーぺチュアル レディスモデル分解洗浄(オーバーホール)事例ROL...
  5. お客様より、ロレックス・パーペチュアルデイトジャストの定期メンテナンス及びケース・ブレスのキズとり、...